銅 センターレス加工 事例2

query_builder 2021/04/02
ブログ
加工前全体

群馬県伊勢崎市のセンタレス加工専門業者のセンタレスISM株式会社です。


銅合金のセンタレス研削・研磨の加工事例をご紹介いたします。



材質:クロム銅

長さ:2000㎜

素材寸法:Φ7

仕上寸法:Φ6.4(±0.03)

面粗度:▽▽▽



加工前↓

素材アップ

仕上がり↓

仕上がりアップ
仕上がり

10倍拡大↓

10倍拡大

前回真鍮の加工事例をご紹介した際にもお話ししましたが、銅合金は表面が柔らかくキズが入りやすい為、取り扱いが難しい材質になります。


今回は更に表面粗さの指定もあったので、より難易度の高い加工になりました。


面粗さの指定は▽▽▽です。

古い規格ですが現在でもよく使われていて、一般的な研磨加工の仕上がりは▽▽▽が一つの基準になっていると思います。


弊社でも特に面粗さ指定がない場合は▽▽▽を基準に仕上げています。


したがって特別な加工が必要になる訳ではないのですが、面粗さ指定がある場合は粗さがその後の加工に影響を及ぼしたり、外観がそのまま製品になる事もある為、やはり注意しなければなりません。


今回もキズがNGとの事でしたので、しっかりとキズ対策をして加工しました。


事前にお客様には仕上がりを確認していただいていたので、引き続き安定した品質を供給できるように心掛けています。


今回は表面粗さ指定のある加工事例をご紹介しました。

弊社では面粗さ指定のある加工実績も多数ありますので、キズや面粗度でお困りの際はセンタレスISM株式会社にご相談ください。

NEW

  • 銅 センターレス加工 事例2

    query_builder 2021/04/02
  • ステンレス センタレス加工 事例3

    query_builder 2021/04/02
  • ステンレス センターレス加工 事例2

    query_builder 2021/03/18
  • 銅 センターレス加工 事例1

    query_builder 2021/03/11
  • 鉄 センターレス加工 事例2

    query_builder 2021/02/15

CATEGORY

ARCHIVE